FC2BBS

この道に前借り無し 神(笑)とか悟り(笑)とか覚醒(笑)とか アホンションとか次元早漏とか 実現してから喜べやーって奴で 何もせずに概念だけ前借りして情報食いとか ラーメン禿の芹沢さんも情報を食ってるって 苦笑いするしかないわ 悟りを求める奴が悟りから最も遠くなるのは 悟り(笑)でうれションして進化の代償を 前借りして永遠に前に進めなくなるから 苦と楽は呼吸の様なものなのでアホンションで 前借りすると吸が連続して息を吐けなくて 呼吸失敗する、鬼滅じゃ無いけど この道も呼吸だから前借りしたら呼吸出来なくなる 悟り(前借り)は我良しだから我良しの人と シンクロニシティするから不快なのだ 世の中の問題も全て類友呼びで苦しむだけ 善に悪は関与出来ない 他の生き物を活かすと細菌が挙って 助けにやってくるし、美しくない虫は去り 美しき虫ケラが蘇る この道は喜びだから殺しを減らして不便をしても 苦を楽しく生き物殺さずに改善しなくてはいけない 生き物殺すな(苦しめるな)といっても 自分も生き物ですしおすし 敢えて浅きを去って(便利) 近代知識を活用して苦を楽に呼吸する事が大事 楽をする為に(進化)苦を楽しむゆとりが良い そもそもオカルト宗教のマニュアルは 何も捧げるものが無い時におこなう苦肉の策なので マニュアルが腹に入ったら普通に仕事するのが最強


信用創造

1:9 :

2018/11/09 (Fri) 08:09:19

一般的に借金と例えられるが、返済を担う人間と割合が明確でないため借金というのも
ちょっと適当でないかも、通貨を増やすことのメリットとデメリット
41:9 :

2018/11/09 (Fri) 08:20:30

日本の警察の力は信用創造で成り立つので、賄賂で解決できる国と全く違うようで
実際は大した差などないだろう、衣食足りて~っという基本だな

日本の警察の性能の高さは金の力なので同じ金が桁違いなら日本でも他国と
同じように金で解決する、賄賂が通用しないイメージは積む金額が桁違いだから
通らないイメージがあるだけ

日本で強盗をするには日本の警察の豊富な人件費でも対応できないほどの
捜査コストがかかるように、山奥の深くに埋めたりする、いくら日本の警察の
マンパワーが凄かろうが目星もなく山をデタラメに掘り続けるような人件費は
出てこない、警察機能が金の力なら強盗も金勘定で巨大な警察の人件費に相対する


となると最低でも四桁万の収入が見込めないと強盗の金勘定が足りないので
3桁の強盗は計画的には行われないだろう
40:9 :

2018/11/09 (Fri) 08:58:57

普段から警察の巨大な人件費の恩恵に預かっていると、自分だけで荒事に対応するなら
どうやっても足りないので、消費を減退させる資源節約だけでなく緩和で増えた通貨が
ちゃんと回るように金融の事も考えねばならないのだろうが、放射能が降り注ぐ国内で
食べものに投資する価値を見いだせないので

そこらへんに隙がある、仮に破綻して警察のマンパワーが借りれなくなったとき
対処のしようがない

とはいえ戦争の公共事業化の金勘定も失敗して移民で増えた通貨の支払いを
させようとしているので破綻などしないだろうが

緩和で増やした通貨の支払いは労働者の労働しかないのでネトゲでの強敵追加
のように移民でトラブル需要やあらゆる需要を創造して

なんとか増えた通貨の担保を労働力で回収しないといけない
移民のデメリットは文明の衝突を警察だけではカバーしきれないことで

ここで営利企業の有料セキュリティの需要が高まるので信用創造で生まれる
金余りの弊害を吸収して投資家を苦しませないようにできる可能性がある


とりあえず50万人の移民でテストのようだが、税金収入のために実際の価値と
解離した不動産物件の日本でどれだけ外人が日本で暮らせる工夫ができるかで
移民の成否は決まるだろう、空きや利用と警察との協定がどこまで妥協できるかで
日本の住みやすさも変わってくるだろうが

ここらへんは日本人が不利益を被る事象が多すぎるので日本人同士の争いが
凄いことになりそうだ、日本のローカルルールに外人を従わせるなんて無理だろうし
かといって外人を締め付けると移民がスムーズにいくかわからんのでどうなるかだな

戦争では国民に金をうまく分配しにくいので公共事業化できなかったが移民は
どうなるかだな、トラブル続発は目に見えているが、かといってぼけっとしてられないので

とりあえずやってみるという感じだろうな、通貨の増大はその担保を求めて
支払い者を求めてさ迷う巨大な悪霊のようなものなので投資家を襲わせないように
どうやって広く浅く食わせていくかが政治家の腕のみせどころではあるが

身内同士仲間同士の足引っ張り合いになるのでたぶん醜いことになりそう
恩恵を受けることと支払いは決して外せないので

ろくに働かない怠け者の行動は看過できないので書き込みを止められたのだろう

穴があるってことだからな、自分的にも何かを作りたいとは思っているが
これからの日本の成り行き次第で変わるので何を作るか決めかねている

アメリカのように富裕層専用の州とかみたいに金持ち用の市とかが生まれそうだが
そのまえに日本の負の不動産事情を外人が乗り越えれるのか、住宅費を差し引いても
日本で稼いでいくシノギを開発できるのか、様子見だな、移民はどこまで成功するのかな

今までは政管で手を取り合ってうまい汁を吸ってきたが、これからは税金の奪い合いに
加えて利権の奪い合いまで追加されて、盛り上がっていきそうだ

互いに怒りと呪いの言葉が飛び交いそうだ、すでに結構出てるけどな、自民党ばっか
税金食いまくりやがってってなw
39:9 :

2018/11/12 (Mon) 21:29:17

公務員の給与アップだそうで、頑張っておられるようで、公共事業をほっとくと戦争までして
更なる税金食いで円から奪おうとされるので奪われる前に給与で奪っとけということで
公務員といっても同じ円を使う人間である以上緩和で奪われる立場なので、奪えるときに
奪っておかないと、政治権力を失い税金食いするための票を失うからな

金だけが人を動かすことができるので、税金の取り合いは生命線だ、ここに善も悪もなく
躊躇した者が税金食いバトルから脱落するのみだ

殺すのをためらって殺さなくても緩和で死ぬのだから殺す事が絶対的な正解で
緩和で命を削られる分奪わないと生きていけない、生活水準においくら万円
必要なのかとかは関係ない、多目にないと組織にへばりつく力が弱くなり
不正や命令権力が弱まる、自由に職を変えれる世界に組織権力は生まれない

仕事レベルで奪い合いはいつでも発生しているがそれをかわいそうだからと
止めても、生活で使うエネルギー自体が力で奪ったものなので、それだけでは
狩りをしない肉食獣が飢えるだけでなんの解決もない

今頃奪うことの副作用を煩わしく感じても、力づくの世界に首まで浸かった住人には
奪わない世界が遠すぎて、正しい後戻りができず命取りみたいな事が多い

重力がある限り近代化の成長率には限界があるので、不正や嘘、詐欺で経済を
回すのは正しいことなのに、暴力の中でしか生きれない人間が略奪に疑問を
持つのもおかしな事だ、そういう生き物なのに、今までやってきた生活と相反する
思考をすると世界と噛み合わなくなる


ガソリンを焚いて移動する人間がスマフォやAIを否定して今まで自分達が来た道を
否定するような滑稽さがある、そんなことをいいながら今立っている地点と
先進技術の繋がりはどうしても切り離せないほど繋がっている

膨れ上がった通貨が成長産業を求め、足りない分は嘘で公共消耗しているのに
先進技術が止まれるはずもない、新しい略奪時代に適合できないから、古い略奪しながら
略奪イクナイとか最高に笑える、どの口がほざくのだって、いいんだよ生物とは
そういうものなんだから、生きることの暴力に疑問を持つ必要はないし

奪った分はちゃんと代償を払わされるから反省をしなくてもいいようにできてるから
奪うことと奪われる事は同じことなので、支払いがうざい分だけ減らしたらいいだけだし
支払い能力が高い人間はそもそもそんなチマチマした事象を考える必要がない

単に素晴らしい技術や政治・経済が高度すぎて人の果たせる成果が取り上げられすぎて
使う分より働きが悪くて不足分を体で払わされてるだけですしな


便利とか価値の提供は人のお株を奪うことでもあるので、生物が進化する以上は
奪う力を強化していくか、減らすかしないといけないが、ここで生存欲求を支える
プライドが邪魔して略奪最前線から退けない、引くと生物として劣るという知見が
悔しくなるので、引くに退けない

やはり生物なら最前線で俺TUEEEしたいのが人情じゃないですか、そういう諦めの悪さが
先進科学反対とか姑息なダブルスタンダードとかを産み出すが

ぞういう汚さも実に人間臭くていいじゃないですかw

略奪文化も別に否定したいわけではなく、雄として最前線で力で外敵をなぎ倒す
暴力とか純粋に素晴らしいと思いますしね、評価基準とかは置いといて単純に力は
個体の優位性を示す指標なので良いに決まっている

単にそういう性質を楽しむ才を持たず興味を持てず進めなかった者として
自分の好奇心がそそる領域を的確に掘り当てて成長を楽しみたいので
消費社会と断絶してしまうだけ、消費社会自体を否定する気も必要もない
世話になってるしな

結局は好奇心が機能する趣向かどうかが決めてで、そそられなければ競争の
スタートラインに立つことすらできない

みっともないのは同じ道を歩んでおきながら分が悪くなると、同じ方向に立ちながら
行く先を否定することだ、それをするには段取りが足りてない
38:9 :

2018/11/20 (Tue) 19:02:31

反自民の民主かその他か知らんが米日金融石油屋が落ち目とかぬかしてるが
単にアマゾンが買い物需要をかっさらっていって車で買い物しにいくという
効率の悪いレジャーが消滅していってるのと労働法改正で車使って遊ぶゆとりがないから

石油の消費が減ってるだけだ、かわりに米のIT関連が化け物化していってるから
日本の産業が弱まった分相対的に日本が弱まってるだけだっつうの

公共事業という偽の需要と国債債務で回っている日本経済のなかでは米の強欲金融経済の
おこぼれが減る分丸損で一人負けで悪い条件ばかりなので喜んでる場合じゃないけどな

既にしぼむ経済を見越して女性の社畜化にも頑張ってるし、正社員の待遇を
非正規まで下げようと努力してますな、そしてそれに抗うために労働組合も動くので

それも見越して働き方改革で常に先手先手で手をうっていく、そして積み上がる
無駄なエネルギー消費をカバーするためにきつい税金で刈り取る

ので人口が減少していき移民政策を進めるしかなくなる、皆が皆自分の大事なものを
守るために奪い合い砂漠化を進めていく、やっかいなのはポリコレ棒で叩くのを
批判したように、ポリコレ棒の暴力を自制しても、全体の暴力と奪いあいは
一ミリも止まらないことで、止めても続行しても結果は変わらないとこだ

そう、暴力による奪い合いは、生きる希望であり、身近な人間がいとおしくて
大事にしたい愛が略奪の厳選なので、何も否定せずに身近な人に対する愛のために
身近でないものをなぎ倒していくのが人間の素晴らしさである

海に漂うペットボトルの風化プラスチックが食物連鎖の魚で人間の体に帰還するように
生きる希望と活力が人間のエネルギー密度を落としていくのは折り込み済みなので

砂漠のように痩せ細っていくなかでの安牌はやはり個人的な物語というか
生きる意味を他に委ねない効率化とは正反対な位置にいることだろうな

この競争社会では上位だけしか人間らしい生き方できないからな便利なシステムが
どうしたって人を部品、いや、消耗品にする

どの国がまけるだ勝つだの堕ちるだ滅びるだの利害誘導にのっかっていれば
その組織の利の材料になるだけで何も恩恵はないからな

観戦者でいることは踏み台にされる要素にしかならん


効率化で社会に捧げた生き方の好みを返上してもらうしかろくでもなくない
未来に可能性を残しにくいように思う、稼ぎがいい、上位の人間は
考えなくてもいいかもだが、働かせるたちばはいいが働かされる立場はきついわな
37:9 :

2018/11/27 (Tue) 00:40:19

石油に畑を耕やかせるのもガソリンで移動するのも公共事業等の税金食いも全て労働を短縮する事で
労働を無くして新たな労働を開拓する新天地探しだが

新たな価値創造の為のサボりでない時には人間そのものが使い捨ての消費財に化けてしまう

先端技術は人を弱体化させるが、新たな苦闘を楽しまない存在はサボりを正当化できず
時代の流れに取り残される、新たな力を進歩に使わないと力に飲み込まれ材として消化される

力自体に是非はないがそこに乗せる意思がしょーもないとリソースを消費だけして
次のターンが回ってこなくなるリスクもある

意思を乗せずに選択と行動を漠然と消費してしまうと取り返しがつかないので
実態に足をつけない公務員もそんないいものでもない

金は金自体ではなくどうやって何のために稼いだかの意思のほうに価値の本体がある
36:9 :

2018/12/23 (Sun) 00:35:17

信用創造で通貨が増えると様々な弊害が出るけど、おれおれ詐欺もその一つで増えた通貨が
共食いを強制するので、家電とかが日本人同士の食い合い窓口で、こんなアブねえ
連絡手段を使う隣組とかの旧時代のシステムの穴は塞いだ方がいいのだが

おれおれ詐欺の肝は、近代化で高齢者の出番が消失して子供や孫を支援したくても
する機会がない焦りを突かれてる割合が多いかと思う

技術の進歩に付いていけない上に古い知恵も失った無力感がおれおれ詐欺の不完全さと
稚拙さをカバーしてしまう

おかしいと感じつつも引っ掛かってしまったのは、家族を助けるチャンスというものが
無くなっていっているからもあるだろう

運動不足と緩和からくる金融市場の圧力が高齢者の楽しみの一つであった孫世代の世代の子供の
世話とかの生き甲斐コンテンツを焼失させて、緩和マネーが共食い奨励なので
子供を高齢者に預ける事もできなくなっていく

緩和された世界の嫌なとこは本来味方の関係性にまで利害が入り込むことでこれが
市場経済の宿命で、戦いを拒否した結末でもある

IT技術はどこまでも広く人を繋げていくが、金融緩和は血縁にまで利害と緊張感を増大させていく

上がりを放棄していれば遥かに安いコストで幸せを手に出来てたかもなのに
合理性の表だけしか見ない事が見えないおまけをプレゼントするわけだ

おれおれ詐欺に引っ掛かる人も脈絡なく説教をする高齢者も、昔はたしかに存在した
幸福を求めて、それを手にする資格を持たない近代生活者なのに掴めない幻影を追ってしまう

近代生活とはエネルギーを使いきって環境に回さないことに尽きる、なので年食ってから
若い世代とエネルギーのやり取りをする人的循環も遮られていく

回さない使い捨て文明には当然人も回ってこずにむしろ衝突してエネルギーを相殺させる
なので場合によっては心臓発作も救いになる場面もあるだろう

さすがエネルギーを断絶させるなんちゃってリサイクルを励んでいる甲斐があるというものだ

表面だけ綺麗で中身は....
35:P :

2018/12/24 (Mon) 23:31:54

私は自分の祖母に自らオレオレ詐欺のようなことやってましたけど、懐かしいです。

晩年ボケてきちゃったから、実は私が孫だって分かってなかったはずなんで、
初対面の親切な(介護職の)若者くらいに思ってたんだと思うのですが、

倒れて入院するまでは小遣いもらいながら老祖母の話し相手をやってました。

本当は私が祖母に小遣いやるくらいじゃなきゃいけないのですが、
サポートし過ぎると残存能力を奪ってしまうので、
形式的には私が世話になってる風を装った方が効果が高いものなんです。

それで私は言葉通じないけど会話するの得意だし
話していれば、相手のどこに思考や認識の影があるのか気づく方なので
認知症の症状の緩和なんかにはすごく役に立っていたと思います。

まだボケが軽い(在宅の)間は、ボケ老人に対して私がボケをかますアプローチをとりまして

「ボケて怖いことは一つもない、楽しいことばかりで、
 私自身がボケていて毎日楽しいからそう勧めるんだ。悩みとかなくなる」

というボケに、ツッコミをさせるんですね。バカを言うんじゃない、と。

あまり芝居がかっているとリアリティないですから、自然を装ってやらなければいけないんですよ。
(でも相手もどうせすぐ忘れるので、同じネタを何回もやれるのは楽)

そして高齢とともにボケも進んできて、ツッコミも難しくなってきた晩年には
満を持してボケ老人にツッコミを入れて、互いに大爆笑するというサポートに切り替えて
最期の最期まで笑いが絶えなかったと自分では思ってます。

入院していた先の介護のプロの人たちはあからさまに嫌な顔をしてましたけど
(一緒に爆笑したいの我慢してただけかもしれないけど)
残存能力の掘り起こしにはすごく良い方法なんですけどね。保険点数付かないから評価されないですが。

最期に祖母と交わした会話って今でも自分的に面白いのでネタとして書いておきたいのですが


祖母「お前はボケると楽しいと言っていたけど、ボケても楽しいことなんてひとつもなかった」

私 「なんでそんな昔のこと覚えてるの?ボケてないじゃん」

祖母「昔のことは覚えているけど、最近のことは全部忘れちゃうんだ」

私 「そうみたいだね。今日も見舞いに来るの3回目なんだけど、覚えてないでしょ」

祖母「えっ!?そうなの?」

私 「1回来たら温泉に行って、また来て、それからお昼を食べに行って、これが3回目」

祖母「覚えてない(爆笑)」

私 「でも毎回喜んでくれてたからこっちは助かるよ。だからまた忘れちゃって良いけど」

  「今日は3回目だからもう帰るけどね、意外にみんな見舞いに来てるから怒らなくていい。忘れちゃってるだけだから」

(結果的にはそれが最後になっちゃったから最後の段は嘘なんですけどね。私のほかに見舞いなんてほとんど来てなかったし)
34:9 :

2018/12/25 (Tue) 23:02:06

>>8
ボケても良い家族がいて幸せそうでいいですね

うちのバッバはかなり長く苦しんで家族にも恵まれなくて可哀想な感じでした
家事をしなくなって脳細胞が死滅し続けてたのに、食事は貧相な食事を続けて
100まで長生きして長く苦しんだので

ながいきすりゃあいいもんでもない例でしたね

生活を家電に任せるなら粗食なんてせずに肉と酒を食らってぽっくり逝くのがいいと思う

子と孫がどちらもバッバの希望を果たせず、果たさず、生きる拠り所に使えない事に
受け止めれない絶望の一生でした

なのでシラフで失敗作、元凶という認識と、抗うつ剤のキメ過ぎで悪霊か良い宇宙人
悪い宇宙人が見える、そして加齢のボケ三つが重なって

素の叩きなのか薬が悪いほうにキマッたのか母系なのか見分けがつかなくて
ボケ老人を大事にしてやることができなかったですね

今でこそ漫画闇金ウシジマ君とかで出てた鬱病のフリして処方してもらった
抗うつ剤をヤフオクで覚醒剤欲しいけど金が無い人に安く売ったり
(やすくといっても覚醒剤が高価なので安めにしても結構いい金になる)

というようなテクニックを当時知らなかったので抗うつ剤キメて覚醒剤と
同じ宇宙人が見えるようになったりする現象が出るとは知らなかったのもありますね

そういや瞑想も脳内分泌をコントロールするものだから、覚醒剤と同じような事になって
宇宙人が見えたりするから、宇宙人好きは瞑想が好きなんだなあと思いますね

家族である、自分とかもよく強盗とか悪霊とか親類の誰誰さんとか化け物とか
言うんですが、昔から出来損ないの孫を嘆いて別のに入れ換えようとか
間違ってしまったとか病院で別の子供と間違えたとか

おまえだれやねん?というマジボケで遠回しに勉強頑張れと発破を掛けられてたりで
いやいやボケじゃなくてマジだよというコントに毎回うっそぴょーんというような
オチをつけないので

高齢で本気でボケてても平常運転なので全くわからなくてこのやろう相変わらず
元気じゃないか?となってボケて苦しんでても何も気の聞いたことができなかったなあ

親戚は期待の裏返しとかいってたけど、孫なので生まれたときから既に抗うつ剤キメてたので
素面の状態知らないしで、そもそも現実の子と孫が死んでも受け入れがたい
敗残兵なので、こんなの嘘よ!目をさめれば自分にはちゃんとした医者の跡継ぎが
いるはずなのよwといいながら泡ふいてるような人だったので

ほんと判別がつかなくて何もできんかった、バッバの悪夢は跡継ぎがゴミだったという
悪夢が現実だったので、抗うつ剤キメておばけと宇宙人でラリってた方が幸せだったので
どうしようもなかったなあ

こういう悲惨な例をそばでみていると名家の血筋とか社会的な地位とかも良いこと
ばかりでもなく、メリットの反対にデメリットとかもあるんだろうなとか思ったりしますね

それを鑑みれば資本主義で色々失いつつも日本のカースト制度は形骸化しているので
多くの犠牲を出しつつも資本主義は階級社会を破壊して選んで正解だったねと思う

ただ資本主義の平等さは協力でインドのモノホンのカースト社会でも下級が
プログラマーとして活躍して上級の収入を凌駕するようなアメリカンドリームで
それはすなわちインフラや教育機関の未熟な後進国でもパソコンだけで
資本主義に殴り込みを掛けれるので

近代社会で紙幣を印刷してニートしてる日本人としては恐怖しか感じないよな
日頃アメリカとかが世界の警察とか寝言かましながら国力が弱い国をいじめて
インフラや教育機関が発達しないようにして

金融で国力弱い国の労働力を買い叩いて近代社会を回してるわけだしね
食い物にしている国が強くなったら搾取してきたアメリカとか日本等の
底辺労働者の立場が危ぶまれる

豊かな生活には踏みつける弱者がいないと成り立たないので後進国が強くなると
困るよね

まあ大分先の話だが先読みして対応しておいたほうが、いざ踏みつける弱者が
居なくなったときのショックを和らげれるというものだ

金融弱者を踏みつけて良いのは強者のみなので、弱肉強食を続けたかったら
頭も体も休ませて腐らせている場合じゃないということで
弱いやつらの生き血を啜りたければ、それに相応しい力を持ち続けないと
いけないということですね

とういうわけでAIにまけるような単細胞になってはいけないよね
負けたら、人間が機械のオプションになっちゃうからね、それだけは嫌だわ
33:P :

2018/12/25 (Tue) 23:52:18

うちの祖母になんで家族の見舞いが来なかったかというと、
プロの看護・介護職でも手を焼くほど、被害妄想・陰性症状・感情失禁がひどくて
すごく怒って悪態をつくから、誰でも嫌になってプロでも避けるようになるからです。

傾向としては似ていたんじゃないですかね。一緒にしたらあなたの家族に失礼かもしれませんが。

うちの祖母は最初担ぎ込まれた病院では簡易拘束されていて、
次の病院では睡眠薬~抗不安薬系の処方がたくさんされていました。

私はそういうのって接する側のスキルの問題だろうと思っているので
担当の看護婦にも露骨に嫌な顔されてましたが、

老人が怒っちゃう回路を刺激するから怒るのであって、
残存能力を掘り起こしながら、接するのに(各人にとって)都合の良い思考回路を探っていけば
もっと楽にコミュニケーションできるのですけどね。

若いST(言語聴覚士)に思わずこういう説教しちゃった時は最悪でしたが。

(このくらいのスキルで保険点数稼げるなら正直うらやましいな、と思ったのもありで)

祖母は(当たり前ですけど)付き合い長いので頭の中がどうなっているのか
手に取るようにわかるけど、初対面かそれに近い病院の仕事の人たちとのコミュニケーションの方が
どちらかというと困難でした。

あなたの話を聞かないといけないなら、私が保険点数稼ぎたいくらいですって
顔にも態度にも書いてあったと思いますから。
32:P :

2018/12/26 (Wed) 00:18:00


あと、抗うつ剤で幻覚という指摘があったので、関連する研究をリンクします。

だからといって偉人になるために幻覚剤を飲んで意味があるかというと、
「そんなバカな」というのが私の考えです。

幻覚剤を飲んだら誰でも釈迦になれるとか、大企業の社長になってケータイが売れまくるとか
そういうことは起こるはずがないと考える方です。だいたいそういう幻覚剤は違法ですし。

でも、悟りを開いた人と幻覚剤の幻覚は科学的には類似だとか同一だったとか
そういうデータを携えた研究って確かあったと思うので、思い出したらリンク張ります。

臨死体験、実は脳の働きによる“幻覚”の可能性
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181015-00010001-wired-sctch&p=1
31:9 :

2018/12/26 (Wed) 09:41:21

>>10
症状が似てますね、うちの場合は病院に行きすぎて異常などないのに、いい加減にしろとなって
それでも病院行きたいから深夜徘徊で他人の家に凸して病院連れてけと強要するので

夜中の物音で目を覚まして徘徊を阻止するゲームになってましたね

常にやぶ医者ふざけるなというスタンスでちゃんと治せと追い縋るけど体に異常はなく
処方するものがないのに薬を要求し続けるから仕方なく抗うつ剤とかを出してましたね
30:9 :

2018/12/26 (Wed) 10:29:02

>>11
幻覚も被害妄想も本質的には同じ均衡を保つ働きで快感を前借りし過ぎて弱くなる現象を
保護するための機能なんだと思います

漫画やアニメでキャラの設定上賢いキャラが無策無謀で突撃して死亡したり特に強敵でもなかった敵が
鉄壁の布陣で強引にシナリオを路線変更をすると因果を無視した手抜き、ご都合主義とか
非難されますが

幻覚や被害妄想、箸が転げて多幸感が溢れるのも人間社会の因果関係で収支を合わせれない都合を
強引に帳尻を合わせてくれるのがご都合主義の幻覚等でしょうね

なんせあらゆる情報を受けとる最終機関に直接快と不快を流せば、幸福をいくら拒否しても
科学技術で苦痛を排除しても脳内だけには関所を張って阻むことはできないですからね


普通なら人間関係や社会の経済活動で苦楽と貢献と享受を調整するのが自然なのでしょうが
国で最高峰の地位に立ちながら砂利入りの残飯を食べるような幸福を拒絶するような人物には
ペナルティとして幻覚で多幸と叡知を受け取らせて、理を越えるような強さを奪うように
恒常性が働くのではないのでしょうか

幻覚で悪い宇宙人が電磁波兵器で襲ってくる内容とかはマリファナとかで快だけ取りすぎで
快を受けとる力が失われていく状態を救済するために苦痛を与えて、幸福感を感じる
センサーがマヒしないように恒常性が保護機能しているのではと

そして地味に宇宙人と戦うガイジは社会で孤立するので労働が足りないぶん必死で
働くように友達を遠退かせる効果も出るでしょう

幻覚とは人の営みだけではカバーできないバランスを取るための最後の砦で
強くなりすぎ、弱くなりすぎに歯止めを掛ける保護回路みたいなものですかね

マラソンのランナーズハイとか覚醒剤は短時間で苦痛と快楽を多く獲得した反動で
明らかに社会活動での収支が追い付かない場合だからでしょうね

ランナーズハイ時は多幸感が苦痛を塗り潰して痛みを感じなくなるので、この機能を
科学的に再現して無敵に殺人兵士を産み出そうとした試みがヒロポンとかじゃないでしょうか

アドレナリンで痛覚が麻痺した兵士は足を切られても戦い続けて良い戦果を出したとかですが
爆撃や飛行戦が主体の時代にはあまり出番がないでしょうね

それに副作用で脳の反応が鈍くなり通常の仕事にも悪影響出そうでプラスマイナスゼロで
有効な場面が少なそうです、使い捨ての現場にしか使えなさそう

問題は覚醒剤を使ったあとにそれを抜くために技術が確率されなかったことか
オウム真理経では大量のお湯を飲ませて肝臓で濾過したりもしてたみたいだけど
飲み食いだけでは限界があっただろうな

幻覚と言えば釈尊の虚空依の儀式がありますがすべての仕組みをそれで受け取って
言葉に残してそれを文字にするなという言いつけをやぶってテキスト化しても
すべてを手にしたんだなあという事しか他人には理解できず叡知も受け取れない

でもまあそうした国府関があるお陰でこの世はフェアなんだなと安心できるし
日常の悩みとかもフェアさ由来のものだと知れるのでありがたい事ですね
29:P :

2018/12/26 (Wed) 19:47:20

>>13 で人に説明するとあそこがおかしい、ここがおかしいとか出てくるかもしれませんが
本人の理解の度合いとしてはだいたいまとまっているような印象を受けます。

>>11 に書いた、私がツッコミ入れたい研究成果のリンクのひとつが出てきました。
(下記参照)

これがおかしいと感じる根拠の一つに、それではサイケデリックアートが
近代美術の歴史の中で至高で最高の存在かというと、全然そんなことないから、とかその一つ。

あと、瞑想やっていてこのての幻覚というのは初心者の終わりくらいに良く起こるのだと
修行やっていた人の回想録なんかで読んだことあります。

座禅なんかは限度を超えて単調なことを繰り返すわけですから、
その限度を超えて苦痛なものに対して、つじつま合わせるような幻覚を見るのかもとかよく言われます。

但し、私の本意はこういうものとは別次元のところにあり、
脳内で完結するから幻覚を見るのであって、

例えば精神的な問題で(スランプとか)野球のピッチャーがストライクが入らなくなる病気があるそうですが、
(多分ですけど)適切な技術的な練習や調整で克服可能なはずなんですね。

ただの筋肉の使い方なわけですから。
それはプロだったら生活かかってるし、ストライク入らないと悩むでしょうけど、
幻覚見るほどじゃないのは明らかなので、ずっとマシな悩み方だと思うんですね。

脳内完結しない利点の一つだと思います。

そして、物事(や身体技術)を極めていく過程でこういう制御の変調を
逆手にとって、独自の特技として高めていく方法もあって、

そういうものを保有している人がゴッドハンドとか神の手を持つ○○とか言われる
超越した技量の持ち主と称されるわけですね。

幻覚見て遊んでないでそういうことで仕事をした方が有意義だろうと私は思う方です。

逆は成り立たないだろう、とツッコミ入れずにはいられない研究の一例として読んでいただければ。

LSDなどの幻覚剤は、脳を「高次の意識状態」にする:英研究結果
https://wired.jp/2017/05/29/lsd-high-consciousness/
28:P :

2018/12/26 (Wed) 20:59:32


>>53 の「逆は成り立たないだろう」というツッコミの詳細なんですけど

メタの統計学とかになるのでしょうか、コホート研究とか要因対照研究といった手法の
疫学調査なんて読んでみると参考になるかもしれませんが、

このコホートというのは簡単に言うと、母集団のことで
「前提が違うものを比較しても意味がない」というごく当たり前のことを統計データに盛り込んであって

それさえ考慮していないバカみたいな統計に比べたら少し参考になるかもしれない、という考え方です。
(その代わり統計を出すための手間やコストが膨大になるのがデメリット)

例えば、うちの祖母も飲んでいた高血圧の薬の根拠なんかがそうですね。

高齢者には病気の人が多く、高血圧の人も多いのは一般的な事実なんですが、
人為的に血圧だけ下げても病気が減るわけではない、という不都合な現実に相当しますね。

その理由は、高血圧の薬を飲んでも、年齢が下がるわけではないからです。
その薬では高齢者に病気が多いという現実が1ミリも動かないので、何の解決にもならないのですが
今日も多くの中高年者が高血圧の薬を飲んでいますよね。

売り上げになるので、経済を回すのには貢献していることと思いますが。

似たような話で、美容院に行って松田聖子や小泉今日子のような髪型をオーダーしても
同じように美しくなるわけではない、というのと理屈は同じです。前提・コホートが違うからです。

ゴッホの名前を冠した絵の具のメーカーなんかもありますが、
こういう高い絵の具を使えば、ゴッホのような値段で誰でも絵が売れるかというと、
それはないじゃないですか。前提が違うから。

27:9 :

2018/12/26 (Wed) 22:24:55

>>14
大枠の方向がおお外れしてなければ十分だと思ってます、、そもそも瞑想とか脳内麻薬が
作り出す神秘体験とか興味ないですし

興味があるのは過去の偉人の頑固で執念深い行動力とかのほうで、苦闘を歩みすぎて
反動で高次元に繋がるとかはどうでもいいですからね

常人には耐えがたい行動を単に忍耐力だけではなく、行動力の分配というか運用で
積み上げていく裏方のほうが本丸だと思ってます

経文の文字の上の意味ではなく、その行動を支えた情熱とかが気になるとこですね
26:P :

2018/12/26 (Wed) 22:49:26

>偉人の頑固で執念深い行動力

というのは、バカみたいに同じことを繰り返していると、
バカみたいに能力が上がるので、その学習効果に病み付きになっているからなんだと思いますよ。

ランナーズハイのことが書いてありましたが、走っていると限度を超えて苦しいから
脳内でエンドルフィンが出て、その強い鎮静作用で苦しみを鎮静させようとするメカニズムでしたが

依存性があると言えば確かにそうとも取れる現象ってあるようで、

ランナーズハイを経験した人って、また経験せずにはいられなくて
軽い禁断症状というか、マイルドなPTSDと類似の状態になるようで、
どんなに忙しくて疲れていても、トレーニングせずにはいられない
練習の虫になってしまうようなんですね。

それで練習のし過ぎで怪我してしまう場合も(特に冬場は)あるのかもしれないですが
早く練習に復帰しようとリハビリに打ち込み過ぎて、無茶はやめてください的な
スポ根感動モノの映画の演出なんかにも良くあると思いますが、
こういうものは一部エンドルフィンの習慣性の成せるワザなのかもしれないです。

ケガには十分気を付けなければいけないけど、それってほんとに脳内で完結しちゃった
PTSDやトラウマの幻覚で苦しみ続けるより、ずっとマシなことなんじゃないかと思うのですね。
(治療法も確立しているし、予後も良い)

同じように苦しいかもしれないけど、走るのは少なくとも上手になるわけですから。

座禅なんかにも同じことが言えると思うのですけど、
禅寺に入門して、ただ30分続けて座って瞑想することのために(在家か出家かにもよるけど)
7年でも10年でもかけるし、実際かかるというそうじゃないですか。

私は座るのが上手になるより、走るのが上手になる方が生活の役に立つと思うし
お金稼げる可能性も(少し)高いじゃないですか。

そういうわけで、ただトレーニングを消費するくらいなら
少しでも生活の足しになる技術に熟達する方が人生が豊かになるので良いと思うのですよね。

いずれにしても最初の難関を突破しなければ見えてこない展望にはなりますが。
25:9 :

2018/12/26 (Wed) 23:06:17

>>15
薬に関して本当にうんざりするほど思い違い激しいですよね

うちのバッバもそうですが西洋医療って基本正常な体と頭を持っている人間を前提に
強い副作用の薬を出しますよね

まさか医者がストレスの原因を絶ちなさいと言いながら抗うつ剤を処方するのも
副作用が強い劇薬で時間を稼いでいる間に原因を解決してこいよという事で

薬のんだだけで原因を解決してこない横着者が無策でまた治療受けに来る事なんて
想定してないから平気で副作用が強力な薬を処方できるわけで

患者自身が受け身なのは信じられないですよね、医者が患者を治すのは医者の個人的な
理想やヒューマニズムや情熱という医療システムとは関係ないサービスで

医者に患者を治す責任があるわけでもないのに、患者自身が病気に対して他人事なのは
資本主義に甘やかされ過ぎの弊害ですね

病院は治療行為をあうるとこで治すのは患者の責任なのにおかしなことになってますよね
単純に病気が治らなくて困るのは患者だけなのに患者に自覚がないので
医療が人を殺すとかわけのわからない事を言い出しますよね

患者が苦しもうが死のうが誰も困らないのだからもっと自分の病気に真剣にならないと
おかしいのですが、善良な医者の治療行為の外の善意を料金内の事と誤認してる
人が結構いるように思いますね

貨幣経済に依存しすぎて建前と本音の区別がつかなくなっていますね
それに昔のように個人の病院なら同じ担当が続くので患者に愛着というか
治してやらねばという意識が生まれやすいかもだけど

今のように効率化されて雇われ医者が根城を持たず日替わりで派遣されてる環境で
どうやって医者と患者の関係が深まるというのか

癌の治療法で患者にどっちのするか選ばせて無責任だと言う人がいたけど
治療結果気に入らなくて裁判するような怖い患者家族がいるのだから
そりゃあ医者が決定なんてできませんわ

お客様意識も結構だけど、益々受けとるサービスが悪化してるの気づいておるかいな
ってかんじだ、求めて求めて慌てる乞食は貰いがすくなくなって自業自得だけど
だらしなさも極まるところで
24:9 :

2018/12/26 (Wed) 23:50:39

バカみたいに頑張れないからうらやましいですね

こないだろうけど移民対策として至近距離で力を乗せれるしょうていとか肘打ちとか
の練習でもサンドバックでするかなというとこですね

格闘漫画でやる気を出そうとしても根性ないので鍛練はなかなか続かないです
プールとかが最適だけど塩素で汚いですしね、庭でコンクリに塊を引くのが一番
良さげだけど畑で余裕ないので靴に重しつけるか悩むとこで

やる気が少しでも続けるにはどうしたらいいかと悩みますね

やはり問題はやる気ですね、人生にできるも、できないもない
やるかやらないかですが、そのやる気が難関なので自分の価値観で常識を固める
漫画的な創作力が必要ですね

世に価値が見当たらないなら自分で価値を決定しないと始まらないですね
23:P :

2018/12/26 (Wed) 23:54:22

>>18

>医者が患者を治すのは医者の個人的な理想やヒューマニズムや情熱という
>医療システムとは関係ないサービスで

これ、患者が分からないのは仕方のない部分もあって(だってプロじゃないから)
私が>>10 で若いSTの担当者に思わず説教しちゃって最悪だったのって、
これと類似のことを言ったら傷つけちゃったんですね。

うちの祖母は高血圧の薬を飲み続けた結果として、多発性の脳梗塞で倒れて手術を受けた関係で
手術はいわゆるゴッドハンド系の腕の良いドクターのおかげで身体機能は保護されたのですが
細かい後遺症があって、嚥下指導のリハビリが処方されてSTの人が来ていたんですね。

それで、言語障害もあったので私はそっちの方が(今すぐにでも)回復しそうだと勘で思ったので、
嚥下指導より、言語回復を図った方が早いと思うと指摘したときに、つい言いすぎちゃったんですね。

嚥下指導を処方するのは、あとに胃ろうを装着するときの外科手術が売れるからなんだから
売り上げのためだからやるのは構わないけど、言語機能は今にも回復しそうなのだから
せめて話しかけながらリハビリするとか工夫は出来ないものか?って言っちゃったんですね。

今考えると明らかに言いすぎなんですけど(すごく心の優しい担当者だったから)
せっかく一生懸命やってるのに、泣いちゃうじゃないですか。
それで話がそれ以上できなくなってしまって、最悪でした。

言語障害ってドクターの見立てにちょっとした誤解があって、
ただしゃべれないだけの失語症くらいの後遺症で、言葉そのものは相変わらず分かるままだったから
言語聴覚士って資格で治療に当たるなら、このくらいのこと分かってもらえないかと思っちゃったんですね。

祖母が手術後意識が戻って、最初に見舞いに行ったとき、自分で祖母に聞いたんですけど

「看護婦さんは言葉が分からないって言ってるけど、私の言ってることって分かるんだよね?」

って聞いたら、うなずいていたので、これは大変だと思い。

「おばあさん、言ってることは分かってるってもっとアピールしないと、
 みんな分かってない状態で治療してるから、大変なことになっちゃうよ」

と言ったら祖母は泣くわけで、やはり言われてることは分かっているようで
それだと後遺障害と言っても機序が全然違うので、言葉なんてすぐ戻るでしょと思ったので

私の方からもなんとか言われていることは分かっていて、発音ができないだけなんだと
アピールしようと躍起になったところが空回りで。

だから簡易拘束が始まったのもその後なんですけど、たぶんアピールがうざかったんでしょうね。
(まあ、それも売り上げになるからしょうがないと思いますけど)
言葉が通じない、話が通じないってこんなにも大変な事かと思いましたね。(ネタなんで笑うとこです)

外国でここまで言葉で苦労したことってなかったのですが。
22:9 :

2018/12/26 (Wed) 23:58:14

子供の頃親の言葉を受け流すために、脳内のイメージを早く物理的な物として用意
できるものがこの世で一番偉いという法を打ち立てた弊害で

自分が価値を定めないと何物も価値と認識できなくてやり込めなくなったので
なんとか自分にプレゼンしていいねそれと思わせないと頑張れないのがやっかいです

世間が認める相対的な価値を認識しづらい弱点があるので社会性が無いのですよね
21:P :

2018/12/27 (Thu) 00:11:12


>>19 何度も書いてるけど、やる気の問題じゃないんですよね。

マイルドなPTSDと類似って表現してるじゃないですか。
やる気が高くてトラウマ背負うわけではないので。

あなたがやる気とかジャッジしてる部分って、客観的にはただのチック症状ですよ。

イチローが毎日続けているトレーニングとか試合の準備って
「偉大なルーティン」と呼ばれて尊敬されてますけど、それはメジャーで稼ぐからであって

野球選手じゃない人が同じことを何十年もやっていたらチック症状の中でも
無意味な不随意運動とかになるんじゃないですか。やや誇大妄想がかった。

発達障害の中でもgiftedな(才能に恵まれた)人とそうでない人の間に
定型発達と発達障害以上の格差が生じるって言われますけど、

どういう違いかっていうとひとつはこれでしょうね。
生産性のあるチック症状を持ってると、それは天才と呼ばれるひとつの資質かもしれず
そうでない場合は障害者呼ばわりされる恐れがありますけど、
両者の違いと言ってもごくわずかであって、稼げるか稼げないかの違いだけだと私は思うのですね。

(社会的には確かにその違いとは巨大だとは思いますけど)

やる気が高くて続けているにはほど遠いものなんですよ。
ただの癖だから続けていて、続けているうちに上手になってしまった、というだけで。

興味あったらどういうメカニズムで起こるかなんかも調べてみたら?
私も思いつき次第時折書こうと思いますので。
20:9 :

2018/12/27 (Thu) 00:25:16

>>20
しらないほうが幸せな事ってありますね、例えば女房の浮気とか原発の中身とか

冷静に物事を判断すると自殺したくなるから人間を守るために人間はちょっと頭が緩いのが
デフォルトですけど、そういうリミッターを解除すると誰にも騙されないけど
鈍くて成り立つ自己欺瞞が解除されて困ったことになったりしますね

死は救いでもあるように察しが悪いメリットもあるということですが
Pさんの言葉でリアルを知ってそれを乗り越えれたらいいなと願うばかりですね

神様は乗り越えれない試練は与えないといいつつ、挫折も大いに発生しているので
やはり人生には自分を騙し騙しすることも必要な場面があるということで

人が嘘と言う仮面を被らないと社会が回らない事にも通じますかね
世の中の残酷さを知るからこそ見える素晴らしいもの獲得してほしいとこで

実はズラだったとかリサイクルがリサイクルしてないこととか、家畜が肉になる前に
泣いてるとか知らなくていことは尽きないですね

知って変えれる人間は知ったほうがいけど変えれないならしらないほうがいい

自分も犠牲を出しつつそれをいっちゃあおしめえよということを言いますが
今は最悪でも将来の果報を期待して今を衝突させるのが定番ですね

嫌われても恨まれても未来の果報を期待して面子を潰します
いずれ自分に矢が反ってきるだろうかと思いながら、これでよかったかわからないまま

次の機会がなくてももしあったら困るので現状維持しない事ばかりですね
19:9 :

2018/12/27 (Thu) 00:30:24

>>22
何度説明されてもptsdをうまく飲み込めなくてスルーしてしまいますね
ストレスかショックで出来なくなってて、体を動かす実践で解消されていくってことですかね

もう一回読み直してみます
18:9 :

2018/12/27 (Thu) 00:37:54

PTSDということは体を動かす何かをし続けることで根気の無さの問題の根元が治るかも
ってことですかね
17:P :

2018/12/27 (Thu) 00:49:35


身体を動かす実践で解消はされないんですが、より安全だと思うのでお勧めです。

できないものは、相変わらずできないままだろうと思いますし、
どんな偉人でもできないことや苦手な事っていろいろあるはずです。

話を戻すと、物理的な肉体にはこっちの方向には関節は曲がらないとか、
これ以上力を入れると折れる・切れるとか、そういう物理法則に根差した
自然のルールというのが標準装備で備わっていて、改めて考える必要がない。

脳内でやるときは、知らずに逆関節とか複雑骨折とかやったまま放置しがちじゃないですか。

身体の動きを極めて行く時には、動きと見た目があるから修正がやりやすいし
そういう適切な技術力や指導力を持った指導者がたくさんいるのも
他者の助けを安価に借りやすい分また安全かと。

もちろん最初は加減が分からなくてケガをしたり痛い思いをしますけど、
そういう物理的強制力がまた身体の動きを作っていくわけじゃないですか。

あなたの場合、子供の頃に定めた自分ルールはその当時の現実を生き抜くのに
必要で適正な設定だったから今も生きているのだと思うので、それは良いと思うのですが

大人になって状況が変わってるのに、子どもの時分の自分ルールのままだと
現実問題としていろいろ痛い思いをしますよね。

その自分ルールが現実にぶつかりながら塑性変形して一定の造形美を帯びてくるなら
それもまたありなのかもしれないですけど、そういう場合はどういう現実の環境で
どういう外力、物理的強制力を働かせるかは吟味しないと美しくはなりませんよね。

そういうエコシステムの検討をするのが吉かと。
16:P :

2018/12/27 (Thu) 00:55:51


>>24-25 で、PTSDの比喩をたくさん使いましたから誤解のないように
もう少し説明しておくと、

「傷つくことで(裏腹だけど)また安心する心理的恒常性」に注目してまして、

これが心的外傷だとPTSDなんで大変な事なんですが、
もし筋肉だったら、強度の強い筋トレの結果、筋繊維が軽く断裂して、
軽い肉離れを起こしながら、筋肉が太くなっていくという

えらく「健康的な話」になってくるわけじゃないですか。

病的だとただ苦しいだけなんですが、ランナーズハイだとだいぶ健康的になりますよね。
そういう組み替え・すり替えが上手にできていればすごく縁起の良い話だと思うんです。
15:9 :

2018/12/27 (Thu) 01:23:23

脳内で自己完結するエアー傾向が高いスピ系が嫌いなのは自分も簡単にエアー化しかねないので
現実で使えない力は全部ゴミってことにしときたいのだが

哲学書や宗教関連の経典読んだら、組織の組織防衛の都合上テキスト内容が
どうしたって扱いやすいエアー化強化になる内容になるのは必然なので
新興宗教を起こす人だけが利用されてる場合かとシラフに戻った人で

組織の便利さと組織を維持する道具を求める圧力のトレードオフでしかないので
読むのも程ほどにして、自分の目的をはっきりしない使われるだけで無益になりかねないのは
普通の仕事と同じで便利さの代償は必ずあるので気を付けないとな

14:9 :

2018/12/27 (Thu) 01:38:38

自分ルールがあると社会的な圧力を受けない代わりに社会的な価値観とか相対的価値を
自分の原動力に変えれないので成長の上限がそれだけ絶たれるので痛いなあとわかっていても
どうしようもできなかったですね

社会に振り回されないけど社会の共認力を活かせない、共認も扱いさえ間違わなければ
いい力の源になりますもんね

ただ人に認められるのはコストがかかるので近代化の恩恵を受けて労力はあまり払わない
小賢しく小さくまとまりつつありますね

なぜなら技術革新を待たずとも今の技術だけでも扱いきれない種類があるし
試しきれないほど道はあるからね、そのためには時間が沢山いるので少ない労働で
だらだら試していく方向になるんですよね

13:P :

2018/12/27 (Thu) 02:11:52


>>29 だから破壊的イノベーションが何度も予定されている自分ルールだったら良いと思いますよ。

子ども時代のまま固定されちゃってることが問題で、
自分ルールも創造的破壊を巻き込みながら成長していくならそれも良いことあると思います。

身体技術の習得も同じで、既存の技術をマスターするだけだと世界一にはなれませんから
(伝統技術の形骸化なんかでそういう傾向がまま見られる)
上級者になるには破壊的イノベーションを起こさないと、ライバルに負けてしまいます。

武道ではこういうものにも守破離といって
ルールは破るためにある、的な定式化されたルールがありますよね。
12:9 :

2018/12/27 (Thu) 20:26:28

この先どんな習い事が流行るか分かりませんが大勢が参加するほど人気が出るものが
出てきたら参考にして頑張るといいと思いますね

これからの新技術で既存の価値が失われ、その代わりに人が詰めかける何かが
出てきて飲み食い以外にも盛り上がる分野が出てくるといいですね

なにか新しい時間を掛ける価値があるものが出てきたときのために
運動くらいはやっておかないと学ぶにしても体を動かすにしても乗り込む余裕が
なくなるのでやっておきたいですね
11:9 :

2019/01/26 (Sat) 12:18:52

資本主義が国家権力まで組伏せつつある今日この頃ですが、金貸しや資本家を敵視するのは
勧善懲悪の見すぎのゆとり勢で労働法の弊害がみえてないのと同じ程度の低さだが

今までの統治より優れているから支配者が交代していくだけで、生活を破壊しながら
以前より改良されて再生するのにいうまでも責任転嫁をし続けるのは重度のお上信仰の
指示待ち人間の証拠になる

資本主義の恩恵を受けれず害ばかり受けるのは経営者的思考が足りないからで
誰かに手を引いて貰わねば歩けない問題を抱えているだけで、資本主義の取り扱いさえ
うまくできれば、いい目は見れるのに文句ばかり抜かすのは権力や利権をしゃぶりすぎて
他のことができなくなってるだけなのだ

特別な地位に居なくても日本にいるだけで日本もスケールメリットを享受でできるので
気づかないだけだろう、1日1$生活とか紙で穴を拭いている人間が世界人口の3分の1
しかいないとかで察せれるだろう

行き詰まったり文句が出るのは古い常識を手放さない頑固さにしかないのだが
学校教育がそういうふうにするので仕方無しかね
10:P :

2019/01/26 (Sat) 22:01:13

1日1ドル生活だと世界人口の中央よりは下だと思われますが、

ちょっと範囲を広げて1日1~2ドルという所得層で考えれば、
だいたい世界の中位・真ん中辺となり、この階層をターゲットにした商売が
BOPビジネスとして世界的にすごく流行ってる分野になりますよね。

底辺どころか、実際はここら辺が中央値なのですが、
消費生活をする階層としては底辺だという意味合いになるのでしょうか、よくわかりませんが。

5000円で買えるスマホとか、
1000円もしないケータイとか、そういう極端に安い商品群。

(そういうものに60回ローンを組んだりして買っているんですね)

BOPビジネスとは対象とする人数が極端に多いため、ものすごい台数売れます。
ひとりひとりの所得は少ないけれど、5兆ドル以上の市場があると言われており
潜在力としては日本一国ののGDPをはるかに凌駕するポテンシャルを持ってるとされてます。

(日本で言う貧困につけ込んだビジネスや搾取系の貧困ビジネスとはだいぶ意味合いが異なります)

そういうわけでBRICSをはじめ新興国ブームが去った後は
ここの階層の消費がものすごくアツイわけで、好景気に沸いています。

実際そこの国民生活も豊かにもなっているようです。

スマホの普及もものすごく進んできましたから、そのうちトイレットペーパーも
普通に使われ、消費されるようになっていくはずですね。

ここ数年の傾向として言えるでしょうか。
9:9 :

2019/01/27 (Sun) 18:10:07

>>33
BOPビジネスってグローバル経済で世界が平等になって良いことばかりですが
近代国家で生産性があまり高くない仕事じついている立場だと怖いものがありますね

銀行もATMも無いような地域でもスマフォを50回ローンで買えばスマフォで金の支払いが
自由自在で近代国家の強みであるインフラのリード分が無くなってしまう
近代国家の弱点は通貨が高くて労働力を海外に売りにくい事だが人件費が安い国は
インフラや教育の不十分さなどの弱味があるので、一方的に負けたりはしなかったのだろうけど

そこら辺の格差をBOPビジネスで埋められてしまうと、通貨が高い分近代国家では
高等な仕事しか成立しなくなり借りての居ない賃貸物件を掴まされたりの国内での
仁義なき共食いが盛り上がるので困りますね

8:P :

2019/01/27 (Sun) 23:05:23


>>34 そうそう。

5万円の高級機種でも、5000円の激安スマホでもアクセスできる情報自体は同じじゃないですか。
そういう意味では以前あった情報格差のうち、そういう分野の格差は消滅してしまってますね。

従前ならそういうネットの情報に触れるはずのなかったBOP層が
初めて情報のアクセスを手にしたとき何が起こるか?ってことで、

便利な翻訳機能もありますから、世界のどこに移動するとどう有利か?ということも
隠しておけなくなってきていて、知ってる人はみんな知ってる状態になってきてます。

どこに行けばどんな社会福祉が受けられるから狙ってみようとか、
そういうことを考える人が爆発的に増えている。

先進国でスマホの情報くらいしかアクセスできない人にとっては苦境の時代となりそうです。
7:9 :

2019/01/28 (Mon) 10:25:46

>>35
情報格差で通貨高の弱点を補っていたのにBOPビジネスが平等にしていくと経済の強さで
搾取してきた強みを維持できなくなりそう

よく1%が転覆するみたいなお花畑設定を出すことありますが正確には金を吸い上げておいて
ろくに労働生産性を上げない働きの悪い消費者がグローバル化で追い詰められる
というほうが現状に則しているかと

金融緩和が進むほど投資にはリスクが増えてきますが、リスクを抱えてとうしするやつは
働き者で世界に必要な存在なのでこれが落ち目になることはないだろう

おちめになるかもしれないのは収支の成績が悪いやつで政治家役人なんかがそれだが
国民が金融緩和に依存している間は働き者の状態で通る

政治家が終わるときは働いたら負け状態で労働者が領収書を切らなくなった状態だろう

まあ何十年も先だろうが、賃貸の保証人制度や役場の手続きの煩雑さ等の非関税障壁が
移民勢を跳ね返す力として日本の労働者を守ってくれるだろうが

生活保護等の社会保障、その他のセーフティーネット、法律等を活用して
日本の生活を攻略するマニュアルなんかを開発されるとまずいですね

それに近代国家以外って土地の所有概念が薄いので空き家とか平気で使うだろうし
公共設備とかを活用されるかもしれないし色々隙だらけだからな

あと移民で怖いのが、アメリカで英語使え!という発言がパワハラ?とかになるらしく
現地民と移民との権利が平等かされていくと、村意識の無い移民勢がグローバルスタンダードを
日本に強制して日本式でいると苦しむ事になるだろうな

ここで大変なのが公務員とかで、いつまでこ人気の職業でいられないと思うな
移民が来ると、とにかくめんどうな事が頻発するだろうし

だからこそ日本独自の習慣とか隣組とかは捨てとかないと重荷になる
今は外国人の比率が低いので日本式を押し付ける同調圧力があるが
移民は増えると参政権とかで強力に育つ可能性があるのでやっかいだ

日本の流儀に従えといったり日本語で話せとか言ったら差別主義者!って弾劾
される可能性も移民の成功率で変わってくるからやばいよね

1%がーとかひがいもうそうしているあいだに、技術の進歩が格差を埋めていき
今まで買い叩いていた勢力に逆襲される可能性がある

強者が弱者にて追い落とされるみたいな妄想を逞しくしてて、本当に消費社会の住人が
後進国に人間に攻め困れるとかなったらコントだぜ


これが荒唐無稽な話でもないのが困るとこでな

暴対法でヤクザが追い詰められているので移民でマフィアが進軍しやすい状態にお膳立て
されているのもやな感じだよね

翻訳もAIとかを活用して使いやすいものにされるとあれだしな

治安を維持しないと土地所有の概念をグローバル的に壊されるかもしれないのが怖いとこだ
日本の資産ってバブルで弾けて塩漬けされて眠っている不動産とかが多いだろうから
移民進められると役場銀行が絶体絶命なんだよな

移民勢とのトラブルを嫌がった若い世代が都心付近に移住して有料警察に守って
貰うようになると塩漬け不動産がマッハで国債借金が際どくないかとな

で逆に言うと地方の土地がゴミくずになるので山付近で生活する原始人の一人勝ち
にならないかwっていうのもあるな、ポイントは1日1$の人たちと同じ程度か
それ以下にまで生活を縮小させて競合しないことだな
6:P :

2019/01/28 (Mon) 23:06:20


>>36 >日本の生活を攻略するマニュアルなんかを開発されるとまずい

これは結構昔からある古くて新しい問題というか、風潮だと思いますが

現代のインバウンド勢の観光旅行って、
成田に降りて東京見物した後、新幹線に乗って京都に行ってだいたいおしまい

みたいな定番コースを修了して中級者となったらならば
2回目以降は日本人と同等どころか日本人でも知らないような場所を観光すると言われてますね。

富士山の写真が綺麗に撮れるという(外国人の間で)有名なスポットがあるらしく
そのためにわざわざ高速バスを予約して、何もないようなただの高速道路の停留所で
写真を撮るためだけに外国人観光客が押し寄せているような状況だとか。

特にタイ人の日本観光はリピーターが多い関係で、かなりこだわった旅行の仕方をするらしいです。
たぶんそういうタイ人にとって重要なインフルエンサーがSNSにいるんだと思いますが
以前読んだニュースの風潮だとこんな感じらしいですね。

タイの日本への旅行ブームは本物だ! タイ人の心に刺さる意外な魅力|インバウンド特集レポート
https://www.yamatogokoro.jp/report/4455/
5:P :

2019/01/29 (Tue) 00:36:28

>>37 の続きになりますが、

マンガ好きなら知ってると思いますけど、海外でも日本のマンガは人気あります。
でも、海外で展開されるときには吹き出しの中のセリフの部分しか翻訳されないじゃないですか。

当たり前ですけど、吹き出しの外の音や擬態語・擬音語ってマンガの絵の部分と一体化しているから、
それだけだとなかなかディテールまで伝わらないという問題が昔からあったそうですよね。

あと、こたつでミカンを食べるとか、日本人なら当たり前に共有している状況
(この場合はのほほんとリラックスした情景とかになると思いますが)

こういうコンテキストなんかも外国人が初めて読むには難解な場合があるから
文化的な参入障壁というのは昔からかなり研究されてきていると思います。

そういう長年の参入障壁を乗り越えようという努力が前提としてあって、
諸外国のテレビ放送で宮崎アニメとか、ドラゴンボールZとかが普通に放送されるようになってようやく
日本人と同等の作品理解というのに到達してきたのが近年のことかなと思います。

海外のすごく辺鄙なところを旅行していると、日本人どころか外人を見るのが初めてだという子どもに
「あなたはドラゴンボールZの国から来たんですか!すごいですね」とか言われます。

マンガ好きな人(転じてコスプレ等含む)の間では、そういう研究を長年やっているし、
そういう人々にとっては日本独自の法制度や参入障壁の理解や回避なんて言うのは
いたって簡単に実現するだろうと思いますね。
4:9 :

2019/01/29 (Tue) 15:21:42

>>38
日本の攻略に向いている漫画なら闇金ウシジマ君とかですかね、半グレが経営する
大規模無低とか健康保険で睡眠薬と抗うつ剤とかを処方してもらって睡眠薬は
犯罪者へ、抗うつ剤は覚醒剤欲しい人に、血液検査して仮病とばれるような血液系の
病気とかは無理でしょうが健康保険は3割負担がお得なので移民勢には換金性が良いと
判断されるかも?

ウシジマ君でも生活保護受けさしたホームレスに派遣仕事(就業したら生活保護は違法)をさせて
働きが悪いやつは足を切って障害手当てもらうほうに切り替えてましたね

治療に行きたいけど犯罪者なので病院にいけないし警察にも頼れない人

発展途上国にはものごいのために子供手足を切るやつとかいるくらいだし
健康保険と生活保護は最初に目をつけられる場所でしょうね


アメリカのような移民を受け入れている国に日本の健康保険のようなものが
ないのも当然なんでしょうね、フードスタンプみたい形にしないと大勢が
群がって社会保障費がもたないのでしょうね

それで社会保障費に寄生しにくい仕組みにしてもそれでも社会保障費で
警察の治安能力に不備が出て不満爆発という状態なので大変ですよね

そしてその先の終着点が税金をたっぷり納めて治安の良い州
税率は高くないけど治安は自己責任でねな地域とすみわけるわけですね


日本でそういう事にならないように移民の受け入れ人数を決めてコントロール
しようという腹なのでまあ大丈夫なのでしょうが30万人だか40万人程度でで労働賃金を
下げること波及するのだろうかってとこですね
3:P :

2019/02/03 (Sun) 01:44:25

>>39 単純に金額で比較した場合、一日1~2ドルのBOP層の所得を年収に直すと数万円。

日本の生活保護基準って(時と場合によるでしょうが)
フルに受給した場合余裕で100万円を超えてくるでしょうから、2ケタでかい額の話なんですよね。

だって生活保護が出てるなら、5000円程度のスマホを60分割で買ったりしないじゃないですか。
まったく違う所得層の話なんです。

どのくらいの人がそれを目指して日本に押し寄せてくるのかは未知数ですが
世界的に見てもたいへん珍しい制度なので、注目までならされるだろうと思います。

(日本人にとってはごく当たり前の制度ですけどね)

先進国という範囲で見た場合、就職して失業する前から失業保険の給付がある等
日本の生活保護に類似の制度というのは世界的にはとても珍しく

フランスにはひとつあったと思いますが、
特別な能力や才能を持った人を保護するような制度だそうで、万人向けではない。

(人類にとって保護する値打ちのある人物は、フランスで保護しようとかいう考え方らしい)

オーストラリアなんかにも昔は生活保護に類似の制度があったらしいのですが
移民が増えてくるにしたがって、そういう社会保障のアクセスは国籍保持者に限定されることとなったらしいです。

やはりアメリカのように広く浅く、できる範囲で現物支給という制度となっている国が多いことと思います。
2:9 :

2019/02/16 (Sat) 18:34:19

信用創造していくということは労働者の未来の労働力時間が増えることで
人の寿命以上の労働時間が計上されていっているが、1日24時間以上は
増やせないのでいくら洗脳しても限界があり

そういう都合で生産性が落ちていくので物々交換とか地域通貨とかで工夫しないと
働きたくないぞとなってくるとまずいので移民でもなんでもして無理矢理経済を
回さないと領収書を切らない闇経済に潜られても困るだろう

システムをしゃぶりきらないと気が済まないのは平地が少ない島国根性で日本人の性なので
仕方無いが鎖国しないと土地の価値が食糧自給的に下がるので結局日本式をグローバル経済が
お仕置きしてしまって困るのが

農業保証で林業がオワコン化してしまうとこで、頻繁に山に人が居ないと移民等に
されたい放題になって、土地の所有って何?おいしいの?とかいう展開もありえなくも
ないのは日射病の多発で被爆の程度が測れるわけで

日射病の問題が暑さではなく酸化と還元の往復が激しいとこに由来するので
土地の所有は暴力無しで成立しないのは刑務所を賄賂で出ることができる地域で明快だ

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.